2018年1月9日火曜日

毛糸だま176号からすぎやまともさんのエストニアングローブ編みました

年をまたいで編んでいた手袋が完成しました。
毛糸だま176号からすぎやまともさんデザインのエストニアングローブです。




p.24 Estonian Gloves

オリジナルデザインは白×濃紺とはっきりした配色も素敵でしたが、
ちょっとコントラストを押さえて柔らかいイメージにしてみようと
白×グレーで作ってみました。



p.24 Estonian Gloves

今回使った糸は工業用のラムウール2/26を3本取りで。



p.24 Estonian Gloves

工業用なので洗うことが前提の糸。
洗う前はカサカサした手触りで糸もやせた風なのですが、
洗った後は糸が膨らんでフワフワモチモチに変わります。

質感が分かるように接写して撮ってみたけど…わかるかな?


p.24 Estonian Gloves

片方裏返してみたところ。
やっぱり編み込みは裏側の織物みたいな表情も大好きです。
サイチカさんの作品で裏側を見せている編み込みセータがありますが、
いつかあれを編んで見たいなぁ。


p.24 Estonian Gloves

これは指を編んでいるところです。
この時点では編み目がなんだか頼りなくスカスカしてますが、洗えば毛糸のボリュームが出ることを信じて突き進みます。
信じて、じゃなくて。
ゲージとれよと心の声を聞きつつ突き進みましたが、結果オーライ。
だいたい普段よく使ってる糸だから感覚で分かるわよ。(えー…)
で、上の写真のように仕上がりました。

やったね♪


残念だったのは、


ヴォーグ社さんがラベリーで年越しKALをやっていたのに気がつかず、
参加できなかったこと( ゚д゚ )…
いいの、一人寂しく突き進んだけど出来上がったからいいの。


同じページのミトンも編みたい…


そして今回5本指を編むにあたって
こちらの手袋の編み方の図解がとても参考になりました。
[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]
暮しの手帖 2017年 12月号 [雑誌]
価格:979円(税込、送料無料) (2018/1/9時点)

こちらに載っているのもすぎやまともさんの手袋なのですが、
指のマチから目を拾う場所とか、
穴が開かないように二目一度にするやり方とか、

前に手袋を編んだときはたたさんのサイトを参考にしましたが、
今回本に掲載されてる手袋も編みたくて本購入。

こちら、手袋を編む前に蒸し鶏作りました。まいうーでした。


さて、次に何編んでるかなぁ。



いつもありがとうございます。

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 編み物へ



2018年1月2日火曜日

2018年もよろしくお願いします

2018年

なんだかあっという間に新年を迎えてしまいました。

実は去年、
「もし急に編みもの熱が冷めてしまったら、こんなにため込んでしまった毛糸や編み物本はいったいどうしたらいいんだろう?」
なんて思いが時々頭をよぎって怖くなることが何度かあったのですが、
どうにか今のところ熱は冷めていないようです。

まだまだしばらくは編みたい物がたくさんあるので大丈夫ヽ( ・∀・)ノ

と言うことで、今年も緩く編みものの記録をこのブログに残していこうと思いますので
よろしくおつきあいくださいませ。

ではでは、
2018年も
Happy Knitting ♪



いつもありがとうございます。

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 編み物へ








2017年12月26日火曜日

クリスマスに届いた糸と本

編み物の神様(笑)からクリスマスプレゼントのように糸と本が届きました。

ブラックフライデーも落ち着いた頃に、
もうめぼしい物は無かろうと油断して覗いてしまったmadelinetoshのサイトで
うっかりポチった糸と、

買っておかないと後悔しそうだと思って予約した、
風工房さんの本「風工房のフェアアイル・ニッティング」。

image

糸はようやっと、約一ヶ月かかって。
本は26日発売なのが一日早く。

買ったのは自分だけど、こうやってイベントに合わせて届くと
うれしさ倍増しますねぇ(´∀`*)

本はフェアアイルもどきしかやったことの無い私には十分な内容。
作例は毛糸だまで見た物が多いけど3サイズ展開だし、
図解も写真がいっぱいで満足♪

糸は売れ残りだったけど使い回しのきく色で満足♪

うふふ、どうしよう、何編もう、
嬉しいけど編みきれない・・・(・∀・|||)







いつもありがとうございます。

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 編み物へ